※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

読書感想文が苦手だった私の読後感想文 絵本の素敵さを改めて感じられる絵本「いらないねこ」

子供の頃本を読んでもらって泣いたという記憶はほとんどない私ですが、大人になって絵本を読むと結構泣ける物が多くて困ってしまいます。

「いらないねこ」はまさに泣ける絵本でした。

『いらない ねこ』 絵と文 ヒグチユウコ

絵本ナビ

あらすじ

泣き虫で世界一幸せな猫のぬいぐるみのニャンコがある日生まれたての弱った子猫を保護して愛情たっぷりに育てます。

元気に育って喜んでいましたが大きくなるにつれて大変なこともでてきて一緒にいることが難しくなってきてしまいました。

ニャンコにはどうすることもできず…

この本の一番最初の印象は「いらないねこ」とはどういう意味なんだろう?ということでした。

そうして本をパラパラめくると全ページにリアルだけどデフォルメされている猫という見入ってしまう絵がカラーで印刷されている!

ということで手に取りました。

ぬいぐるみの猫が本物の子猫を拾って育てるというファンタジーなお話ですが、リアルな世界観もあり猫好きさんや猫飼いさんならあるあるや共感を覚えるシーンなんかも含まれていてかわいいと切ないが押し寄せてきます。

「いらない」というのはいわゆる捨て猫という意味だったのですが捨てられ方が残酷で、かつ現実にも起こっているようなことだったので読んでいるとついニャンコに感情移入してしまいます。

ニャンコと同じように子猫が元気に育つことを願わずにいられません。

絵の美しさ

とても惹きつけられる絵だったのでヒグチユウコさんを調べたら有名な画家の方でした。

恥ずかしながら存じませんでした

グッズ等もたくさん出ているようなので猫好きの方であれば知らず知らずに手に取っているかもしれません。

調べついでに色んな絵を見てみましたが何とも不思議な絵を描かれる方で緻密で少し怖さもあるようなじっくり見たくなる絵です。

画集も見ごたえがありそうです
1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

絵本の魅力を改めて感じる一冊

絵本は子供のためのもののように感じますが絵本に魅力を感じるのは子供だけではありません。

以前私が住んでいた地域でも年に一回絵本の個展の様なものが開かれていて年齢を問わず多くの人が見に来ていました。

「いらないねこ」も年齢によっては内容はイマイチ理解できないかもしれません。

ただ美しい絵を見ているだけでも感じることはあるでしょうし記憶に強烈に残ったりします。

私も子供の頃にやなせたかしさんの描いた絵本で見たアンパンマンのワンシーンが強烈に記憶の中に残っています。

顔が無い状態で飛んでいくアンパンマンに衝撃を受けました

そういう物のひとつひとつが人を構成する要素になっていくんだと感じますし、その事に年齢制限は無いように思います。

まとめ

読み聞かせをすると「頭が良くなる」や「理解力が高まる」と言う話を耳にすることがありますが、正直個人差が大きいように感じます。

私自身姉妹で同じように読み聞かせをしてもらいましたが得意分野が全然違ったり物事に対しての理解力や捉え方も全然違います。

読み聞かせをしてもらわなかった場合のパターンはわかりませんが…

ちゃんとした研究結果は出ているとは思いますがすべての人間に当てはまるかと言うとそうでもなく、読み聞かせしてもらわなくても勉強できる人はいますし、してもらっていてもできない人はいます。

私の母は読み聞かせが好きな人で結構大きくなっても読み聞かせをしてくれました。

何を読んでもらったかはあまり覚えていないのですが、それが私の中で嬉しかった記憶として分類されているので、私も子供が「自分で読むからいいよ」と言うまでは読もうかなと思っています。

なのでそれを苦痛に感じる人が無理にやることは無いと思いますし今は読み聞かせアプリなんかもあるので方法も選べます。

色んな物語を知りたい人もいれば何回も同じものを飽きずに見たい人もいたりとその人の性質も見えるかもしれませんね。

そんなことを考えさせられる一冊に出会えて幸せを感じました。

ヒグチユウコさんの他のシリーズも読んでみたいです。

子どもが喜ぶ!絵本読み聞かせアプリみいみ

以上

読後思ったことをひたすら言い隊~マンガでやさしくわかる傾聴~

コメント

タイトルとURLをコピーしました